素人のパンチがプロに当たる訳がない

スポーツ
『朝倉未来に勝ったら1000万円』4人目の元KAT-TUNの田中聖が当日に「怪我のため」出場を辞退
 2021年11月20日(土)にABEMA PPV ONLINE LIVEで放映される『朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円』企画。  朝倉未来への最後の挑戦者として、18日に放映された『朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円 極悪挑戦者発表SP』にて出場が発表された、元KAT-TUNの田中聖...

最近、格闘技の試合で素人がプロに挑戦するイベントがある。

格闘技のパンチは相手との距離が近いため、何となく当たりそうな気がする。

ちなみに、陸上の100m走では、スタートの合図から0.1秒未満に「足を動かす」、「手を離す」などの行為がフライングとなる。つまり、0.1秒未満は反応できないだろうということになっている。

50cmの距離でパンチが0.1秒で相手の顔に届いたとすると、50m進むのに10秒かかる速さである。中学生の50m走ならかなり遅い方だ。成人男性のパンチはそんなに遅くないだろう。

インターネットの情報では、プロボクサーのパンチは30~40km/時としているものもある。30km/時なら、50cmを0.06秒で到達することになる。素人のパンチが20km/時でも、0.09秒で到達するので何となく当たりそうな気がする。

しかし、そうはいかない。例えば、バスケットボールを中学校、高校と6年間やっていた方ならわかるだろうが、ドリブルしているボールを素人にとられることはまずない。逆に素人がドリブルしているボールは簡単にとれるだろう。長い時間をかけて身に付けた技術は素人が多少練習したぐらいでは追いつかない圧倒的な差がついている。

プロボクサーは、パンチがいつ出てくるか、こないかを相手の体勢やタイミングで瞬時に判断し、チャンスにはパンチを繰り出す訓練を毎日している。相手のパンチが人間の反応速度を超えるものであったとしても、それ以前の情報から判断してパンチを避けられる。

素人のパンチはまず当たらないし、よっぽどの体重差でもないかぎり、勝てる訳がない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました