森友学園文書改ざん問題

社会

森友学園の文書改ざんの経緯については、「NHK政治マガジン」というWebページで、近畿財務局の赤木さんの直属の上司が妻の雅子さんに話した内容の録音内容ということで掲載されている。

【詳報】森友学園 改ざん経緯説明の音声データ その内容は | 注目の発言集 | NHK政治マガジン
森友学園をめぐる一連の問題で決裁文書の改ざんに関与させられ自殺した男性の上司が国有地の値引き売却や改ざんの経緯について男性の妻に説明した音声データを妻の弁護士が報道機関に公開しました。その内容の詳細です。報道機関に公開された音声データは去年3月、赤木俊夫さんの自宅を一周忌...

「あの売り払いをしたのは僕です。国の瑕疵(かし)が原因で小学校が開設できなかったときの損害額が膨大になることを考えたときに相手に一定の価格、妥当性のある価格を提示してそれで納得できればいちばん丸く収まる。撤去費用を試算した大阪航空局が持ってきたのが8億円だったということで、それを鑑定評価額から引いたというだけなんです。」

「僕は安倍さんとか鴻池さんとかから声がかかっていたら正直売るのはやめていると思います。だからあの人らに言われて減額するようなことは一切ないです」

「この8億の算出に問題があるわけです。確実に撤去する費用が8億になるかというところの確信というか、確証が取れてないんです」

「少しでも野党から突っ込まれるようなことを消したいということでやりました。改ざんなんかやる必要もなかったし、やるべきではない。全く必要ないと思っていました。ただ追い詰められた状況の中で少しでも作業量を減らすためにやった。何かそんたくみたいなのがあるみたいなことで消すのであれば絶対消さないです。」

「初めから赤木さんは抵抗しました。正直涙を流しながら抵抗していました。本省にもちろん僕自身も抵抗はしていたんですけども止めきれなかった」

「ファイルにして赤木さんがきちっと整理している。全部書いてある。何が本省の指示か。前の文書であるとか修正後のやつであるとか何回かやり取りしたようなやつがファイリングされていて、これを見たら、われわれがどういう過程でやったのかが全部わかる」

この音声データは、妻の弁護士が報道機関に公開したものである。この記事が正しいとすれば、この上司も本省の指示に苦悩していた様子が伺える。

本来、この上司がすべきだったことは、本人、赤城氏を含めたメンタルケアだった。現在、一般企業では働き方改革が推進され、メンタルヘルスを含めたヘルスケアも進められている。それが行政、公務員の世界では立ち遅れている。

そして、真実を明らかにしないことで政治を混乱させ、それが現在も続いている。

まさに上意下達の「官僚的」な組織を、ボトムアップが機能する組織に改革させる必要があるのだと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました